色素レーザーでタトゥーを完全に除去することは可能か?

タトゥーに効果のある2つ施術

皮膚移植

タトゥーが入った皮膚を切り取る、または深く削って、タトゥーの入ってない自分の皮膚をどこかからか持ってきて移植します。ワンポイントのタトゥーでもその部分全体を切り取るとなるとかなりの面積になります。それと同様の面積を体のどこかからか持ってくるわけですから、術後の傷跡がかなり目立ちます。しかも2箇所です。ちょうど火傷のような痕になるそうです。

レーザー

こちらは皮膚移植と違って傷跡が残らないですが、完全に消し去るというわけにはいきません。あくまでタトゥーを薄くする程度だと思ったほうがよさそうです。レーザーによるタトゥーの除去は黒や青などの暗い色には有効ですが、女性が入れがちなバラの赤色などの明るい色には効果がありません。

色素レーザーによる除去のメリット・デメリット

メリット

皮膚の移植による除去に比べて、傷跡が目立たないことです。皮膚移植は、自分の皮膚を2箇所削るのに対し、レーザーによる除去はその部分だけしか施術を行わないです。

デメリット

完全に消し去るどころか薄くすることしかできませんので、暗い色のタトゥーを浅く掘っているというかなり特殊な場合を除き、ほぼ痕は残るようです。また、レーザーでタトゥーの色素を「消す」のではなく、「焼く」が正しい表現なので、かなりの痛みも生じるそうです。そして焼けば焼くほど焼かれた部分はレーザーを通さなくなるそうなので、何度やろうとも完全に消し去ることは不可能だそうです。