タトゥーを消すと、やはり痛くなるのだろうか

タトゥーを施術によって、除去する時、痛みを感じるのでしょうか。また、その痛みにはどのような種類があるのかについて考えていきたいと思います。

タトゥーを除去するための治療にはどのようなものがあるのか

タトゥー除去の治療としては2つあげることができます。1つ目は、レーザーによって、タトゥーを除去する方法です。レーザーを使用して除去する時は、あまりタトゥーの大きさが大きくない時です。これは、レーザーによって、地道にタトゥーの濃さを薄くするためです。2つ目は、タトゥーがある部分の皮膚を切り取ってから、縫い合わせる方法です。この方法は、あまりタトゥーの大きさや濃さを気にすることなくすることができます。さらに、タトゥーのある部分を直接切るので、レーザーを用いる方法よりは地道ではなく、すぐに施術の効果を得ることができると考えることができます。

それぞれの方法でどのような痛みを生じるのか

レーザーを使用して、タトゥーを除去する場合にも皮膚に痛みを生じることがあります。例えば、タトゥーを掘る時に、皮膚の深い所まで、色が染み込んでしまっている場合です。レーザーは地道に色を消していくため、皮膚の深い所まで色が染み込んでいると、レーザーの力が強まり痛みを感じるのです。一方で、皮膚を切り取り、縫い合わせる方法では、麻酔を使うので痛みという点においてはレーザーよりも良いかもしれません。よって、痛みという点にだけ注目すると、皮膚を切り取り、縫い合わせる方法の方が良いかもしれません。